haikからワードプレスへ移行するなら有料テンプレートをおすすめします

HAIKからWordPressへ移行する

2016年はHAIKにとって色々なことがあった年でしたが、今現在もHP作成ソフトのHAIKを使ってホームページを作成されている方は多いかと思います。

元々このサイトは実際にQHMを使って作成し、QHMの使い方などの初心者なりに解説をしていくサイトでした。

しかしQHMからhaikへ変わり更にはHAIKへと進化しましたが、HAIKが今後使えなくなるかも知れないという不安な気持ちになりました。

そこで私が運営している既存のサイトの半分をWordPress(ワードプレス)へ移行することを決めました。

ここではHAIKからWordPressへ移行した際の影響などについてお話をしていきたいと思います。

まぁ私の一個人的な感想になりますが、HAIKからWordPressへ移行するかどうか悩まれている方の参考になれば幸いです。

HAIKからWordPress(ワードプレス)へ移行後の状況

随分前の話になりますがhaikで作成したホームページをWordPressに移行しましたとブログでも書いたのですが、WordPressに移行後はどの様な状況になったのかお話をしていきたいと思います。

まず先ほどもお伝えしましたがHAIKからWordPressへ移行したのは、自分が運営しているホームページの約半分となります。

先ずは運営しているホームページの半分をWordPressへ移行し、HAIKとWordPressの違いなどを理解していこうかと考えています。

また趣味関連の記事を載せているホームページは今後どうするかは決めてはいませんが、とりあえず今回移行したのは事業で使用している公式サイト類をWordPressへ移行した形になります。

あとこれから新規でサイトを立ち上げる際にはHAIKは利用せず、WordPress(ワードプレス)を利用しホームページを作っていこうと考えています。

ですのでまぁHAIKからWordPressへ乗り換えた感じになるのかなぁ・・・

WordPress移行後に検索結果などの順位に影響があったか?

HAIKからWordPressへ移行した際の検索結果の変動

HAIKからWordPressへ移行すると初めは検索順位などに悪影響が出るとか思っていましたが、予想に反し検索順位などでの悪影響はほぼありませんでした。

因みにHAIKからWordPressへ移行する際には今まではURLの「WWW」無しの独自ドメインを使っていましたが、既存サイトをコピペする形で移行したので「WWW」ありの独自ドメインに変更しました。

なので、旧サイト「○○○.com(HAIKサイト)」→新サイト「WWW.○○○.com」(WordPress)となり、結果URLも引っ越しした形になりました

このURLの引っ越し作業をする際にはちゃんと「301リダイレクト」の作業を行わないといけません。

しっかりと301リダイレクトの設定をしないとGoogleから複製のペナルティを受ける場合があるので、移行を検討されている方は301リダイレクトのこともちゃんと勉強をしなくていはいけませんよ。

多分ちゃんと301リダイレクトの設定が出来ていたのでインデックスなどの関係で数日間は検索結果で下位に表示される日もありましたが、数日で元通り検索順位に戻り上位に表示さる様になりました。

因みにHAIKからWordPressへ移行する方法はHAIKからWordPressへ移行する方法を参照してください。

スポンサーリンク

HAIKからWordPressへ移行すると使い勝手は悪くならないのか?

実際に私が初めて自分でホームページを作ろうとした際には、初めはWordPressを利用しホームページを作ろうと考えて時期がありました。

しかし今現在の様に簡単にWordPressをインストールすることが出来なかったので、WordPressを利用しホームページを作るのを断念しています。

ここ最近ではWordPressをインストールするのにそれほど難しくは無くなったので、誰もが簡単にWordPressでホームページ作りが出来るようになりましたよね。

そして最後に皆さんが知りたいHAIKからWordPressへ移行して使い勝手はどうなったのかという疑問ですが、WordPressになれるとHAIKより断然使いやすいかと私は感じています。

多少使い慣れるにも時間が必要かも知れませんが、それってhaikも同じことが言えますよね。

WordPressのインストールの方法などは初めてでも分かるWordPressをインストールする方法にて詳しく解説しています。

WordPressはHAIKより情報量が格段に多い!

WordPressの情報量は豊富だ

今現在HAIKの運営は北研からどこか違う会社へ譲渡されましたが、有料会員のみ情報を提示していますよね。

以前ならHAIK(haik)を購入したら、それら無料有料に関わらず様々な情報を閲覧することが出来ました。

また、tomzoさんという方や今までQHMを支えていた方々がボランティアで無料のフォーラムを立ち上げ無料会員にも情報がくるようしていますが、疑問や使い方に対する回答が出来る方の数が少なく以前の様な誰もが簡単に質問が出来る状況ではありません。

ですので今後HAIKの情報を調べようとしても中々自分が欲しい情報へたどり着けなくなってきています。

しかしWordPressの場合知りたい情報は直ぐに見つけることが出来ますので、分からないことがあっても直ぐ調べられるので分からなくて困るといった状況は少ないのかと思います。

WordPress移行に伴い有料テンプレートは必須かも

全く個人的な意見ですが、HAIKからWordPressへ移行を検討されているなら有料のテンプレートの購入をおすすめします。

私も初めはWordPressへ移行した際には無料で使えるテンプレート「Simplicity(シンプリシティー)」を使っていましたが、結局「賢威 」という有料のテンプレートを購入しました。

賢威はWordPressのテンプレートとしてはかなり人気のテンプレートでしたが、私のイメージと多少異なっていたのでその後更に「AFFINGER4」というテンプレートを追加購入しました。

以前に購入した賢威は購入代金が24,000円と多少高めでしたが、今回購入した「AFFINGER4」は5,500円と非常にリーズナブルな価格設定だったので追加購入が出来たの出来ました。

一般的にWordPressのテンプレートって1万円前後するモノが多く、当時の「AFFINGER4」は本当にリーズナブルな価格帯です。

そして私が購入した「AFFINGER4」は今現在はAction(AFFINGER6)と進化し続けています。

※「AFFINGER4」は現在販売終了となり後継機として「WING(AFFINGER5)」と進化し更に「Action(AFFINGER6)」へ変更されました。

また販売価格も現在(2022年2月現在)は14,800円(税込)となっております。

またどうしても無料のテンプレートを使いたいと考えているならSimplicity(シンプリシティー)の後継機のCocoonか、有料テンプレートで有名なTCDから無料で提供されているRebirthがおすすめですよね。

因みにRebirthは右図のような感じのイメージになります。

ホームページの作り方手順

-HAIK(旧QHM), ワードプレス