身体の歪みは様々な不調の原因となる

身体の歪み原因とは

コアストレッチ

コアストレッチのメリットとその方法とは

更新日:

皆さんがストレッチと聞くと前屈や開脚などを思い浮かべるかと思いますが、ここではそれら部位のストレッチではなく体幹(コア)のストレッチについてのお話をしていきたいと思います。

またあまりコアストレッチという言葉自体あまり聞きなれない言葉かも知れませんが、体幹(コア)をしっかりと動かせれるようになると他の部位もスムーズに動かせれるようになるので是非体幹(コア)ストレッチをするようにしてください。

また体幹(コア)の柔軟性が低下することでその他の部位を動かす動作にも支障をきたす場合もございます。

自分の体を思い通りに動かせれないという方は是非体幹(コア)を動かせれるようになるようコアストレッチを取り入れてみてください。

スポンサーリンク

コアストレッチを行う目安となる3箇所

まずはコアストレッチをする際にポイントとなる部位の説明をしたいと思います。

コアストレッチは身体の動きの起点となる背骨・股関節・肩甲骨の3つに重点をおいてストレッチしていきます。

まず1つ目は身体の中心に位置する背骨の動き。次に体幹と下半身を結ぶ股関節、さらに体幹と腕を結ぶ肩甲骨。

これらの関節が正常に動く様になるだけで身体の動きは今までの重ダルイ動きとオサラバ出来ます。

 

体幹の動き

骨盤の上から首の付け根を指します。

体幹を動かすという事は背骨の動きの事を指しますが、背骨を前後左右に曲げたり反ったりすることで身体全体を柔軟に動かす事が出来るのです。

この体幹の動きが柔軟な人ほど普段の身体に負担をかけない人です。

 

股関節の動き

骨盤と脚を繋ぐ重要な部位です。

この股関節が柔軟に動く事で歩く・走る又は跳ぶといった行動を可能にしてくれています。

しかし、現代人の歩き方など見ていると股関節を動かさないで歩く『ペンギン歩き』の方が非常に多いです。

 

肩甲骨の動き

実は普段手を動かす時1番初めに動くのが肩甲骨です。

肩甲骨の柔軟性が欠けている方は、手を挙げずらいや手を後ろに持っていく事が苦手な人です。

コアストレッチはこれら部位を意識しながら行うストレッチ法になります。

 

コアストレッチを効率的に行う方法

コアストレッチは「ただポーズはこんな感じで」みたいに何となく動かしても意味はありません。

しっかりとどの部位を動かしているか自分で確認しながら行わないと全く意味が有りません。

しかし、初めはしっかり意識しながら動かそうとしても今まで動かしていなかったのですから動く感覚がつかめないかと思います。

その様な方は、まず動かしたい部位を触りながら動く感覚をつかむといいです。触りながら動かすことでしっかり身体の中心から動く感覚がつかめると思います。

また、鏡の前でコアストレッチをするのもきちんとコアが動いているか確認出来ますので分かりずらい方は最初は鏡の前でストレッチをするのも良いと思います。

 

ゆっくり動かして10~20回を目安に

コアストレッチはゆっくり行うのが基本の動きです。時間がもったいないからと言って早く動くと効果がなくなります。

動くスピードですが身体を動かして元の位置に戻るまでの時間は大体4秒くらいと考えてください。

また、回数は各人の状況にもよりますが、大体10~20回を目安に動かすようにしましょう。

 

通常のストレッチを行う前にやると効果倍増

コアストレッチは通常の筋肉を伸ばストレッチ前にやると、通常のストレッチの効果が倍増します。

コアがしっかり動く様になると通常のストレッチもしっかりと伸ばしたい部位にピンポイントでストレッチをする事が出来るからです。

-コアストレッチ

Copyright© 身体の歪み原因とは , 2019 All Rights Reserved.