身体の歪みは様々な不調の原因となる

身体の歪み原因とは

猫背

猫背のままだと垂れ乳の原因になる

更新日:

女性であれば誰しも多少なりとも自分のバストについて、不満や悩みを抱えているのでは無いでしょうか?

例えば、「胸が小さい」や「バストの形が悪い」「年齢と共に最近垂れてきた」「バストの張りが無くなってきた」などなど・・・

ある程度年齢を重ねることでバストの張りなどが無くなって来るのは致し方ないと諦めてしまっている方もいるかと思いますが、いくつになっても張りのある美しいバストでいたいと願うのは女性にとっては当たり前のことかと思います。

しかしここ最近では年齢に関係なく若い方でも「最近、バストが垂れてきたなぁ~」って悩む方が増えています。

年齢に関係なくバストが垂れたと悩まれている方の原因には、実は普段の生活においての姿勢が原因している可能性が高いのをご存知でしたか?

そして普段から猫背だという方は特にバストの悩みが多い様に感じられます。

そこで、身体の歪みなどについて説明している当サイト身体の歪みの原因とは・・・では、猫背が原因でおこるバストの悩みについてお話をしていきたいかと思います。

また、それらバストについての悩みを解消できる方法も説明していきたかと思います。

スポンサーリンク

普段の姿勢(猫背)と女性のバストとの関係

女性であれば誰しもいくつになっても張りのある美しいバストでいたいという願望はお持ちかと思います。

しかし実際問題年齢を重ねるにつれ段々と張りが無くなる垂れてきてしまうのが現状です。

また、年齢を重ねるにつれ垂れるなどといった悩みの他にも「バストが小さい」や「バストの形が悪い」といった悩みを抱えている方は多いですよね。

多くのバストの悩みは普段の姿勢が悪いからが原因かも

女性にとってはバストの悩みは尽きないものですが、実はそのバストの悩みを作っていれう原因には普段の姿勢が影響をしているのをご存知でしたか?

特に最近若い方でも多くなってきた猫背が特に大きく影響を及ぼしています。

若い時ならバストが垂れるや張りが無くなるといった悩みは少ないのかも知れませんが、若い時から猫背などの姿勢のままですと年齢を重ねると必ずと言っていいほど垂れや張りなどの問題を抱えるかと思います。

なので若い時期から猫背などの不良姿勢を改善することにより、皆さんがお持ちになっているバストの悩みは解消できるようになります。

それでは少しづつバストの悩みについて詳しく説明させていただきます。

 

女性のバストの悩みで1番多いのが胸が小さい(貧乳)こと

まず、女性のバストの悩みで1番多いのが『バスト(胸)が小さい』ということでは無いでしょうか?

また、最近では貧乳という言葉もあるくらいですからバストが小さくて悩んでいる方は大勢いますよね。

しかし、実際にバストが小さい(貧乳)ってどのくらいなのかご存知の方はいないのが本音ではないでしょうか?

例えば、自分のバストサイズがBカップの女性で「私の胸って小さい(貧乳)の」と言う方って多いですが、実際にはバストサイズがBカップって日本人女性の中で2番目に多いバストのサイズになります。

それならば大多数の日本人女性が胸が小さい(貧乳)ことになってしまいます。

また、ブラのサイズのお話になったのでついでにお伝えしときますが、日本人女性の平均的なブラのサイズはCカップだと言われています。

そしてブラサイズでBカップとCカップで日本人女性の約過半数を占めていると言われているのでBカップであれば本来「貧乳」と呼ばれる筋合いは余り無いのかと思います。

ただ、残念ながらブラジャーのサイズがAカップの女性の場合には、バストが小さい(貧乳)と言われてしまう可能性があるのかと思います。

しかし、バストサイズが小さいからと言って何も対策を打たなければずっとその悩みが付きまとってしまいます。

胸が小さいと悩んでいる方がいきなりバストサイズを大きくすることは難しいですが、多少なりともバストを大きく見せたり形の良いバストにする方法がございます。

その方法とは、姿勢を改善することです。

大胸筋の筋力低下が原因で垂れ下がったバストになってしまう

普段から猫背などの姿勢でいるとツンっと上向きな美しいバストを保つため必要な大胸筋などの働きが悪くなります。

すると普段からあまり使われなくなった大胸筋などは段々と筋力の低下がみられるようになり、美しい形の良い胸(バスト)では無くなってきます。

また猫背などの姿勢でいると見た目的にもバストが小さく見えてしまいますが、良い姿勢でいるとそれだけでもバストが大きく見えます。

中々姿勢だけでバストが大きく見えると信じない方も居るかと思いますが、嘘だと思うなら早速鏡の前に立ち猫背の姿勢の時と正しい姿勢の時との比較をしてみてください。

たったこれだけでも胸のトップの位置が上がり、サイズが大きくなったように見えますので。

しかし、姿勢を良くしてバストサイズを大きくなったような錯覚がありますが、実際にはバストサイズは大きくなった訳ではありません。

ただ胸のトップの位置が上がるので、大きく見えるようになっただけですが・・・

まぁこれだけでも胸が小さいとお悩みの方は見た目が変わるので是非普段の姿勢を気を付ける様にしてみてください。

いつまでもハリのあるバストが望ましい! やっぱりバストは垂れたくない

バストの悩みで「胸が小さい」などの次に多い悩みが、『胸が垂れてしまった(垂れ乳)』というお悩みでは無いでしょうか?

よく「私は胸(バスト)が小さいから」と言って垂れないと間違った認識をされている方がいますが、実は胸が垂れるのにはあまり大きさは関係ないって知っていましたか?

もちろん、バストのサイズが大きければ小さい方よりも重力の関係で垂れやすい環境なことは間違いありませんが、胸のサイズが小さくても垂れてしまう女性は大勢います。

そしてバストサイズが小さい方とは逆にバストサイズが大きめな女性の場合には、普段からバストが垂れない様にご自身でバストのケアをしている方が多いですよね。

なので結果普段から何もバストアップのケアなどをしない少しバストサイズが小さい方に比べると、普段からバストが垂れない様にケアをしているバストが大きめな方の方がバストが垂れずらい傾向があります。

要は如何に普段からバストに対するケアが出来ているかによって、いつまでも張りのある美しいバストを保てるかが変わってきます。

またコチラでは普段の仕事などが原因で大胸筋の筋委縮が起こって猫背になる原因について詳しく説明しています。

 

猫背だと何故バストアップに大事な大胸筋の筋力が低下するのか

美しいいつまでも張りのあるバストを維持するためには、胸のお肉を重力から守る大胸筋が大事だということは皆さんもご存知かと思います。

しかし、なぜ猫背だとそのバストアップに欠かせない大胸筋の筋力が低下するのでしょうか?

実は普段から猫背気味の方は背中が丸まり肩が前方に突き出たような姿勢をとってしまいます。

なので肩が前方に出てしまうと、肩の付け根に付着している大胸筋が常に収縮している状態になります。胸を支える役割を持つ大胸筋が常に萎縮することで筋肉は普段正常に働いていないことになります。

本来であれば普段から肩や胸などを支える働きがある大胸筋が常に仕事をサボれば、やがて大胸筋は本来の働きをしないので段々と筋力は低下してしまいますよね。

なので猫背姿勢でいるとバストアップに欠かせない大胸筋の筋力が低下するのです。

ちょっと話は反れますが、大胸筋とは逆に肩が前に出ることで背中の肩甲骨は外側に広がるので、肩甲骨に付着している僧帽筋などは常に引っ張られている状態になるのでこれが肩こりなどを引き起こす原因となり得ます。

胸が大きい方は「肩が凝る」というお話をよくお聞きますが、胸が大きい方は自然と猫背になり易い傾向があり胸の重さで肩が凝るよりも実は猫背気味の方が多いから肩こりの方が多いかと思われます。

 

バストアップ効果が期待できる大胸筋エクササイズ

猫背などの姿勢でいるとバストアップに欠かせない大胸筋の筋力が低下するということが分かったとこで、今度はバストアップ効果が期待できる大胸筋のエクササイズをご紹介していきたいかと思います。

ここでご紹介するバストアップが期待できるエクササイズは、皆さんが想像するバストアップエクササイズよりも比較的簡単に出来るモノだけご紹介していきたいかと思います。

そして最近ではバストアップを専門にしているジムやヒップアップを専門にしているジムなどもございますが、それら「○○アップ専門ジム」まで通うのは「ちょっとなぁ」と言う方は向きのエクササイズになっています。

しかし比較的簡単なバストアップ効果が期待できるエクササイズですが、どのエクササイズも共通して言えることですが続けなくては効果は期待できませんの最低3か月は続けるようにしましょうね。

それではバストアップ効果が期待できるエクササイズです

先ずはコチラの動画をご覧ください

コチラの動画では主に3つの動作を行っています。3つとも簡単な動作なので皆さんも継続することが出来るかと思います。

バストアップ効果が期待できるエクササイズ

  1. デコルテ周辺をほぐしてリンパの流れをよくする
  2. 大胸筋&肩甲骨のストレッチ
  3. 大胸筋のエクササイズ(簡単な腕立て)

2つの動画をご覧になりこれなら継続して続けられそうな感じがしませんか?

少しでもバストアップを願っているのなら是非継続して続けてみてくださいね

そして大胸筋のストレッチはコチラで詳しく説明していますので是非ご覧ください

運動が苦手な方は寝ながらでも出来るバストアップ法を

マットレス

姿勢を改善して大きく見える様になった胸(バスト)や、大胸筋などを鍛えて本格的にバストアップを図られるという方は良いのですがどうしても自分は直ぐに飽きてしまうという方もいるかと思います。

そこで、ここでは本気でバストのサイズを大きくしたいが、自分で何かを継続して続けるのが苦手な方を対象としたバストアップが図れる方法をご紹介していきたいかと思います。

この自分で何かを継続的行わないでバストアップが図れる1番の簡単な方法が「矯正下着」などを購入しバストアップを図る方法です。

しかし、矯正用下着って非常に高価なモノが多く1セット30万円前後はするし、バストアップしサイズが変われば再度購入しなくてはいけないので中々手を出しにくいのが現状ですよね。

そこで、最近ではそこまで高額ではないのにも関わらずバストアップの効果が期待できる商品なども多く販売される様になりましたよね。

例えば、寝ている間のバストのケアなどを目的とした「ナイトブラ」や、女性ホルモンに働きかけバストアップの手助けをしてくれる「バストアップクリーム」などです。

どちらの商品も色々と販売されているのでどの様な商品を使えば良いのか迷いますが、出来ることなら価格に左右されなく販売数などが多く安心して使える商品を選ぶ様にしましょう。

例えば、Viageビューティアップナイトブラですと2018年2月現在で累計販売枚数が45万枚を突破しており販売枚数から人気度が伺えますよね。

また、医師監修の元に開発されたバストアップクリームのグラニティデコルトクリームなど最近の女の子に人気の商品ですよ。

 

猫背ついて関連記事

子どもの猫背改善

子ども姿勢

2019/6/20

子どもの猫背を予防&改善する方法とは

小さいころから猫背などの悪い姿勢のままでいると、集中力の低下や運動能力の低下などが起こりやすくなります。 そこで少しでも良い姿勢でいられるように親としても子供の姿勢を改善してあげたいと願うのは誰しもが思っていることではないでしょうか? しかし実際問題、子どもの猫背などの悪い姿勢を改善する方法はと聞かれても分からない方が多いのでは無いでしょうか? そこでここでは子どもたちの猫背などの悪い姿勢を改善&予防する方法のお話をしていきたいと思います。 スポンサーリンク 子どもの猫背を改善する前に猫背は悪い姿勢だとい ...

続きを読む

猫背

2019/3/27

猫背を自宅で自分で改善する方法

皆さんは猫背の原因って背骨が曲がるや背中の筋肉(広背筋や脊柱起立筋)が弱いからといった理由からなる物かと思われがちですが、実はそれら以外にも猫背になる原因って実はいくつかございます。 その背骨や背中の筋肉以外の原因には、実は身体の前側即ち胸の筋肉(大胸筋)が影響している場合があるのをご存知でしたか? 例えば胸の筋肉(大胸筋)が萎縮することにより、肩関節は前方に引き寄せられ肩甲骨が左右に拡がりやすくなります。 すると肩甲骨に付着している僧帽筋や広背筋などが正常に機能しなくなり、猫背姿勢などなってしまうという ...

続きを読む

猫背

2019/2/28

猫背のタイプ別おすすめ改善方法

猫背のタイプには大きく分けて3つございますが、それぞれのタイプ毎に改善方法も異なります。 今まで色々な改善法を試されてもなかなか改善出来なかった方は、自分の猫背のタイプと違った改善法を試されていたかも知れません。 スポンサーリンク 猫背といっても3種類のタイプに分類されます 一般的に猫背と一言でいっても実は様々なタイプに分類されるのをご存知ですか? この自分の猫背タイプをしっかり把握していないといくら猫背に良いエクササイズを行ってもあまり効果は望めません。 なのでいくら猫背改善エクササイズを一生懸命やって ...

続きを読む

猫背

2019/3/26

猫背のままだと垂れ乳の原因になる

女性であれば誰しも多少なりとも自分のバストについて、不満や悩みを抱えているのでは無いでしょうか? 例えば、「胸が小さい」や「バストの形が悪い」「年齢と共に最近垂れてきた」「バストの張りが無くなってきた」などなど・・・ ある程度年齢を重ねることでバストの張りなどが無くなって来るのは致し方ないと諦めてしまっている方もいるかと思いますが、いくつになっても張りのある美しいバストでいたいと願うのは女性にとっては当たり前のことかと思います。 しかしここ最近では年齢に関係なく若い方でも「最近、バストが垂れてきたなぁ~」 ...

続きを読む

子ども姿勢

2019/6/20

幼少期の猫背は肥満の原因に

猫背の子供が増えたことにより、肥満児の割合が増加しています。 お子様が多少の肥満体形ではとさほど心配されるほどではございませんが、過度の肥満体形の場合は気をつけるようにしましょう 子供の肥満が増えている ここ20年の間に子供の肥満率が2~3倍に増えていることが文部科学省の調査で明らかになりました。 文部科学省データ引用 男の子の場合、9歳児から肥満傾向にある割合が10%を超え、その中でも15歳児の肥満率が13.5%ともっとも高く次いで12歳児の12.0%ということです。 また、女の子では12歳の9.8%が ...

続きを読む

子ども姿勢

2019/6/20

幼少期に猫背のままだと身長が伸びづらくなります

我が子の身長が低いままだと親としてはどうにかして子どもの身長を少しでも高くしてあげたいと願うのは当たり前のことかと思います。 しかし我々人間の身長は遺伝要因の影響が大きいと言われており、8割から9割は親の遺伝を引き継ぎます。 なので両親の身長が低い場合にはどうしてもお子さんの身長も低くなりやすくはなりますが、それでも遺伝要因のギリギリまでは背が伸びてほしいですよね。 しかし子どもの成長期などに無理な姿勢(猫背など)などでいることにより、本来伸びるはずの身長も途中で伸びないままで終わる可能性がございます。 ...

続きを読む

子ども姿勢

2019/6/20

幼少期の猫背が運動神経を左右する

自分の子供が将来オリンピックに出場したりプロスポーツ選手になって欲しいと願う親もいるかと思いますが、大きくなってからの運動神経は子供のころの環境が影響しています。 仮に幼少期にあまり運動をしてこなかったお子さんと一生懸命運動をされてきたお子さんでは、一概には言えませんが中高生になってからの差が大きく開くこともございますので子供の運動神経をよくしてあげたいのなら幼少期より身体を動かすようにすることをおすすめいたします。   運動神経は子供の頃の環境で決まる 一般的に運動能力を図る目安には、瞬発力や ...

続きを読む

子ども姿勢

2019/6/20

子どもの猫背を改善して学力をアップする

学力の低下が問題視されていますが、長時間勉強をするだけが学力をアップさせる方法ではございません。 しかし、各ご家庭での様々な教育論などがございますので、こちらでご紹介している内容はお子様の学力をアップさせる方法論の1つとして参考程度に留めておいてください。   本当に「ゆとり教育」だけが学力低下を招いたのか? ゆとり教育が始まった2002年以降、国際的にみて日本の学力低下が問題視されていますが、本当に「ゆとり教育」に移行したことにより学力が低下したのでしょうか? この学力低下について色々と議論さ ...

続きを読む

子ども姿勢

2019/6/20

子供が猫背だと集中力が続かない

「うちの子供は集中力が続かなくて困るわ」って思っている親って実際には非常に多いと思います。 しかし、いくら口で注意しても集中力が続かない原因には、ひょっとしたら子供の猫背が影響しているかも知れません。   猫背は脳内の酸欠を引き起こす 子供の集中力が続かない原因には、実は猫背が大いに関係しています。 酸素を体内に取り込む機能を持っている呼吸器系は、成長段階の子供は大人に比べると約1/2程度しか酸素を体内に取り込むことが出来ません。 1回の呼吸で酸素を取りこむ量は 通常成人男性が1回の呼吸で肺に吸 ...

続きを読む

お勧め記事(一部広告含む)

-猫背
-,

Copyright© 身体の歪み原因とは , 2019 All Rights Reserved.