身体の歪みは様々な不調の原因となる

身体の歪み原因とは

猫背

猫背を自宅で自分で改善する方法

更新日:

猫背を改善

皆さんは猫背の原因って背骨が曲がるや背中の筋肉(広背筋や脊柱起立筋)が弱いからといった理由からなる物かと思われがちですが、実はそれら以外にも猫背になる原因って実はいくつかございます。

その背骨や背中の筋肉以外の原因には、実は身体の前側即ち胸の筋肉(大胸筋)が影響している場合があるのをご存知でしたか?

例えば胸の筋肉(大胸筋)が萎縮することにより、肩関節は前方に引き寄せられ肩甲骨が左右に拡がりやすくなります。

すると肩甲骨に付着している僧帽筋や広背筋などが正常に機能しなくなり、猫背姿勢などなってしまうという訳なんですよね。

そこでここでは猫背姿勢の原因となる身体の前側(大胸筋など)のストレッチ方法などのお話をさせていただきたいと思います。

スポンサーリンク

 

簡単に出来る胸(大胸筋)を広げるストレッチ

先程も少しお話いたしましたが、身体の前側(大胸筋など)が原因で猫背などになられている方は、一生懸命猫背改善のために背中のストレッチをしても中々猫背の改善は見込めません。

何故かというとそれは背中をストレッチしてもまた直ぐに大胸筋などが肩を前方に引き寄せてしまうからです。

ですので身体の前側(大胸筋など)の柔軟性が無いという方は、先ずは背骨のストレッチの前に大胸筋などを弛めるストレッチをすることが大事になってきます。

それではご自宅などでも簡単に出来る大胸筋のストレッチをいくつかご紹介いたいします。

 

何処でも出来る大胸筋のストレッチ

先ずは立ったまま行える大胸筋のストレッチになります。

大胸筋のストレッチ

立ったまま行えるのでご自宅や職場などでも出来るので、トイレ休憩や昼休憩の隙間時間を見つけてストレッチを行うことも出来るかと思いまうす。

まず部屋の壁のコーナーなどを利用し肘を肩の高さまで持ち上げ壁に付けます。

この時、肘が肩より下がっていると効果があまり感じられないので必ず肘は肩の高さまでもっていきます。

詳しくは下記記事をご覧ください。

場所を選ばず大胸筋をストレッチする方法

続きを見る

 

寝ながら行う大胸筋のストレッチ

続いては寝ながら行う大胸筋のストレッチです。

大胸筋のストレッチ

このストレッチは本当に寝ているだけで出来るので、本当にズボラな方でも継続して出来るストレッチ法かと思います。

ストレッチポールなどを背骨に対し垂直にあて、ただ仰向け(上向け)で寝ているだけです。

身体が床から少し浮いた状態にし、そして両腕を左右に広げ「大の字」の状態になります。

詳しい内容は下記にて説明していますので是非ご覧ください。

簡単!寝ながら行う大胸筋のストレッチ

続きを見る

 

大胸筋などのストレッチ後は背骨の可動域を広げて猫背改善を

上記で説明した大胸筋のストレッチを行った後は、背骨などの可動域も広げてあげることが大事になってきます。

そして背骨などの可動域を改善するのに役に立つのが「ストレッチポール」などになります。

ストレッチポールなどは一時期流行ったかと思うのでご自宅のある方も多いかと思いますが、大抵は隣の部屋の隅などに放置されているのでは無いでしょうか?

もし部屋の隅などに放置されているという方がおられましたら、是非今一度猫背改善のために部屋の隅から出して使ってみましょうね。

それではホンの少しストレッチポールについてお話をしていきたいと思います。

 

ストレッチポールで背骨の動きを改善

ストレッチポールの本来の目的は関節稼働域減少・バランス反応の低下・固有受容覚の低下・筋膜等の柔軟性低下などこれらの症状を改善する目的があります。

ただなんとなくみんなが良いというからと言う理由だけで、意味も分からずストレッチポールの上に寝転がっているだけでは中々効果も期待できません。

ですのであまり効果が実感出来ないからという理由で、ストレッチポールでのストレッチが長続きしないという方が多いのも事実ですよね。

 

ストレッチポールの基本的な使い方

ストレッチポールの基本姿勢には、ストレッチポールの上に背骨を沿わせて寝ることにより関節のモビライゼーションが行われ関節の動きが改善します。

また関節の柔軟性が改善されることに加え、身体の奥の筋肉(深層筋)の筋肉も弛みやすくなります。

身体の奥の筋肉(深層筋)が緩むことにより、結果身体の表面の筋肉(浅層筋)である脊柱起立筋なども弛んできます。

しかし長年身体の奥の筋肉(深層筋)を伸ばしたことが無い様な方が多く、その様な方の場合には中々深層筋は弛んでくれません。

また深層筋が1度緩んだという方も今までの深層筋を弛めてこなかったために、また直ぐに深層筋の柔軟性は低下するこは目に見えています。

そこで少しづつでもいいので毎日継続的に深層部の筋肉を弛める様にすることが大事になります。

 

ストレッチポール初心者ならハーフカットタイプがおすすめ

皆さんが知っているストレッチポールって大体筒状のストレッチポールですよね。

丁度下記の様な形状ですよね。

しかしこの筒状のストレッチポールって慣れないと意外と使いずらいというのが本音かと思います。

そこで初めてストレッチポール使われると初心者の方などには、筒状では無く半円タイプのハーフカットタイプの使用をおすすめいたします。

このハーフカットタイプですとストレッチポールの上に寝ても身体が落ちることもなく、身体は安定してくれるので身体に余分な力も入らず本来のストレッチ効果も期待できます。

しかし慣れてくるとハーフタイプだけでは物足りなさを感じるという方も中にはいるので、その様な時はハーフカットタイプではなく筒状のストレッチポールを購入してくださいね。

ちなみにハーフタイプですとコチラの商品が硬さなどもちょうどいいのでおすすめですよ

猫背ついて関連記事

猫背

2019/3/27

猫背を自宅で自分で改善する方法

皆さんは猫背の原因って背骨が曲がるや背中の筋肉(広背筋や脊柱起立筋)が弱いからといった理由からなる物かと思われがちですが、実はそれら以外にも猫背になる原因って実はいくつかございます。 その背骨や背中の筋肉以外の原因には、実は身体の前側即ち胸の筋肉(大胸筋)が影響している場合があるのをご存知でしたか? 例えば胸の筋肉(大胸筋)が萎縮することにより、肩関節は前方に引き寄せられ肩甲骨が左右に拡がりやすくなります。 すると肩甲骨に付着している僧帽筋や広背筋などが正常に機能しなくなり、猫背姿勢などなってしまうという ...

続きを読む

猫背

2019/2/28

猫背のタイプ別おすすめ改善方法

猫背のタイプには大きく分けて3つございますが、それぞれのタイプ毎に改善方法も異なります。 今まで色々な改善法を試されてもなかなか改善出来なかった方は、自分の猫背のタイプと違った改善法を試されていたかも知れません。 スポンサーリンク 猫背といっても3種類のタイプに分類されます 一般的に猫背と一言でいっても実は様々なタイプに分類されるのをご存知ですか? この自分の猫背タイプをしっかり把握していないといくら猫背に良いエクササイズを行ってもあまり効果は望めません。 なのでいくら猫背改善エクササイズを一生懸命やって ...

続きを読む

猫背

2019/3/26

猫背のままだと垂れ乳の原因になる

女性であれば誰しも多少なりとも自分のバストについて、不満や悩みを抱えているのでは無いでしょうか? 例えば、「胸が小さい」や「バストの形が悪い」「年齢と共に最近垂れてきた」「バストの張りが無くなってきた」などなど・・・ ある程度年齢を重ねることでバストの張りなどが無くなって来るのは致し方ないと諦めてしまっている方もいるかと思いますが、いくつになっても張りのある美しいバストでいたいと願うのは女性にとっては当たり前のことかと思います。 しかしここ最近では年齢に関係なく若い方でも「最近、バストが垂れてきたなぁ~」 ...

続きを読む

子ども

2019/3/26

幼少期の猫背は肥満の原因に

猫背の子供が増えたことにより、肥満児の割合が増加しています。 お子様が多少の肥満体形ではとさほど心配されるほどではございませんが、過度の肥満体形の場合は気をつけるようにしましょう スポンサーリンク 子供の肥満が増えている ここ20年の間に子供の肥満率が2~3倍に増えていることが文部科学省の調査で明らかになりました。 文部科学省データ引用 男の子の場合、9歳児から肥満傾向にある割合が10%を超え、その中でも15歳児の肥満率が13.5%ともっとも高く次いで12歳児の12.0%ということです。 また、女の子では ...

続きを読む

子ども

2019/3/16

幼少期に猫背のままだと身長が伸びづらくなります

我が子の身長が低いままだと親としてはどうにかして子どもの身長を少しでも高くしてあげたいと願うのは当たり前のことかと思います。 しかし我々人間の身長は遺伝要因の影響が大きいと言われており、8割から9割は親の遺伝を引き継ぎます。 なので両親の身長が低い場合にはどうしてもお子さんの身長も低くなりやすくはなりますが、それでも遺伝要因のギリギリまでは背が伸びてほしいですよね。 しかし子どもの成長期などに無理な姿勢(猫背など)などでいることにより、本来伸びるはずの身長も途中で伸びないままで終わる可能性がございます。 ...

続きを読む

子ども

2019/3/16

幼少期の猫背が運動神経を左右する

自分の子供が将来オリンピックに出場したりプロスポーツ選手になって欲しいと願う親もいるかと思いますが、大きくなってからの運動神経は子供のころの環境が影響しています。 仮に幼少期にあまり運動をしてこなかったお子さんと一生懸命運動をされてきたお子さんでは、一概には言えませんが中高生になってからの差が大きく開くこともございますので子供の運動神経をよくしてあげたいのなら幼少期より身体を動かすようにすることをおすすめいたします。 スポンサーリンク 運動神経は子供の頃の環境で決まる 一般的に運動能力を図る目安には、瞬発 ...

続きを読む

子ども

2019/3/14

子どもの猫背を改善して学力をアップする

学力の低下が問題視されていますが、長時間勉強をするだけが学力をアップさせる方法ではございません。 しかし、各ご家庭での様々な教育論などがございますので、こちらでご紹介している内容はお子様の学力をアップさせる方法論の1つとして参考程度に留めておいてください。 スポンサーリンク 本当に「ゆとり教育」だけが学力低下を招いたのか? ゆとり教育が始まった2002年以降、国際的にみて日本の学力低下が問題視されていますが、本当に「ゆとり教育」に移行したことにより学力が低下したのでしょうか? この学力低下について色々と議 ...

続きを読む

子ども

2019/3/18

子供が猫背だと集中力が続かない

「うちの子供は集中力が続かなくて困るわ」って思っている親って実際には非常に多いと思います。 しかし、いくら口で注意しても集中力が続かない原因には、ひょっとしたら子供の猫背が影響しているかも知れません。 スポンサーリンク 猫背は脳内の酸欠を引き起こす 子供の集中力が続かない原因には、実は猫背が大いに関係しています。 酸素を体内に取り込む機能を持っている呼吸器系は、成長段階の子供は大人に比べると約1/2程度しか酸素を体内に取り込むことが出来ません。 1回の呼吸で酸素を取りこむ量は 通常成人男性が1回の呼吸で肺 ...

続きを読む

子ども

2019/3/14

子供の猫背が増えた原因とは

1980年の調査によると幼稚園児や小学生の猫背の割合が2割未満だったのに対し2010年以降では子供の猫背の割合が4割弱にまで増えたとの報告がございます。 なぜこれ程までに子供の猫背の割合が増加したのでしょうか? スポンサーリンク 子供の猫背が増えています。 最近、猫背気味のお子さんが増加傾向にあるという報告がございましたが、2010年以降の調査では実に3人に1人はは猫背だとか・・・ これって実はとても大変な事態だと私は思っているのですが、当の本人方はそれほど大変だと思っていないかも知れません。 子供(幼少 ...

続きを読む

お勧め記事(一部広告含む)

-猫背
-, , ,

Copyright© 身体の歪み原因とは , 2019 All Rights Reserved.