身体の歪みは様々な不調の原因となる

身体の歪み原因とは

猫背

肩が前側に入る猫背の人は胸の筋肉(大胸筋)が原因かも

更新日:

大胸筋

一昔前ですと、『猫背は気持ちがたるんでいるからなるんだ!!』とか、精神論で猫背を治そうとしていましたがそんな事で猫背が改善出来たら苦労しません。

きちんとした原因を突き詰めると中々改善出来ない猫背も改善出来ます。

スポンサーリンク

身体の前側(大胸筋)の柔軟性が低下することでおこる猫背

猫背になる原因の1つに身体の前側にある筋肉が萎縮することにより、肩関節が前方に引き付けられ猫背になってしまう方がいます。

この猫背になる原因を作る筋肉が1度は耳にしたことがある『大胸筋』という筋肉です。

本来、大胸筋は腕を上げたり横に開いたりと腕を動かす際には必ず動く筋肉で普段の生活でとても大事な役割を持っています。しかし、最近の生活環境ではこの腕を上げたりとか横に開くなどの行動が減ってきております。

ここで、少しご自身の1日の行動を思い起こしてみて下さい。あなたは1日の内に肩より上に腕(この場合肘が肩より上に上がったと解釈してください)が上がったが覚えているでしょうか?

現在の生活環境の中では肩より上に腕を上げるという行動は、高いところのモノを取る時か意識して腕を上げる(ストレッチ)といった行動をしないと腕は肩より上に上がることがございません。

あまり腕を動かさないでいると肩関節に付着している大胸筋は、段々と本来の柔軟性を失い徐々に筋肉が縮みやがて肩が前側に引き寄せられ猫背の姿勢になってしまします。

PCやスマホの使い過ぎも猫背の原因に

スマホの利用頻度高過ぎ

また、日中は仕事でパソコンの操作ばかりだし仕事が終わっても四六時中スマホをイジッているという方が多いかと思いますが、パソコンやスマホを操作している自分の姿勢を想像してみてください。

パソコンやスマホの画面を見るため首は下を向き背中は丸まった状態ではないでしょうか?

この状態で1時間もパソコンやスマホなどをイジっていると身体の前側の筋肉は常に萎縮した状態になります。

筋肉が萎縮した状態で長時間いると血流がだんだんと悪くなり、筋肉の柔軟性が低下いたします。

身体の前側の筋肉が毎日萎縮した状態を繰り返すと、やがて筋肉の柔軟性は無くなり筋肉が慢性的に硬く萎縮した状態になります。

 

筋肉の柔軟性を損なわない様にするは

スマホ操作

それでは、仕事などで日中萎縮した筋肉やスマホのイジり過ぎで萎縮した筋肉などの柔軟性を改善する方法をお伝えしていきたいと思いますが、その前に1つ筋肉の仕組みについて少しお話ししたいと思います。

筋肉は30分以上動かないでそのままでいると、その状態を記憶すると言われています。

例えば、10分くらい顔を右側に向けた状態でいきなり左を向こうとしたら筋肉が固まって動かしずらい又は痛くて動かせれないという経験ありませんか?

10分くらいでも同じ姿勢をしていたら、筋肉はその状態を記憶し元の状態に戻るのを困難にしてしまうのです。

なので中々むずかしとは思いますが、お仕事をしている最中やプライベートでもPC作業やスマホを使用する時など、30分以上同じ姿勢をしたら一度姿勢を変える目的で「立ち上がって背伸びをしてください」これだけでも不良姿勢の癖が付くのを抑えられます。

また、ご自宅に帰ったら簡単なストレッチをすることにより昼間に溜めた筋肉の疲労や歪みの原因なども回復することが出来るので簡単なストレッチを毎日ご自宅で実施するよう癖を付けましょう。

 

大胸筋をストレッチする

普段から大胸筋(胸の筋肉)が萎縮している状態が長く続くと大胸筋の筋委縮が起こり自分で姿勢を正そうとし背筋を伸ばしても中々背筋が伸びてくれません。

これは胸の筋肉(特に大胸筋)が萎縮して伸ばすこを妨げているからです。そこで普段から胸の筋肉(大胸筋)をストレッチしてあげるとこが大事になってきます。

そこで簡単に胸の筋肉(大胸筋)をストレッチ出来る方法をご説明いたします。

大胸筋のストレッチは様々な方法がございますが、1番簡単に出来るストレッチといえば仰向けに寝て両手を大きく左右に広げていることです。その時背骨にストレッチポールなどを入れておこなうとより効果的に行うことが出来ます。

たったこれだけですが、毎日ご自宅で行うことで大胸筋が伸ばされるので猫背予防には最適です。

詳しいストレッチ方法は胸部のストレッチでご説明しております。

姿勢改善に効果的!大胸筋のストレッチ

胸(胸部)の筋肉でみなさんが最初に思い浮かぶのが大胸筋かと思います。 大胸筋とは胸部表層の強力な筋肉 ...

続きを見る

猫背ついて関連記事

猫背

2019/3/27

猫背を自宅で自分で改善する方法

皆さんは猫背の原因って背骨が曲がるや背中の筋肉(広背筋や脊柱起立筋)が弱いからといった理由からなる物かと思われがちですが、実はそれら以外にも猫背になる原因って実はいくつかございます。 その背骨や背中の筋肉以外の原因には、実は身体の前側即ち胸の筋肉(大胸筋)が影響している場合があるのをご存知でしたか? 例えば胸の筋肉(大胸筋)が萎縮することにより、肩関節は前方に引き寄せられ肩甲骨が左右に拡がりやすくなります。 すると肩甲骨に付着している僧帽筋や広背筋などが正常に機能しなくなり、猫背姿勢などなってしまうという ...

続きを読む

猫背

2019/2/28

猫背のタイプ別おすすめ改善方法

猫背のタイプには大きく分けて3つございますが、それぞれのタイプ毎に改善方法も異なります。 今まで色々な改善法を試されてもなかなか改善出来なかった方は、自分の猫背のタイプと違った改善法を試されていたかも知れません。 スポンサーリンク 猫背といっても3種類のタイプに分類されます 一般的に猫背と一言でいっても実は様々なタイプに分類されるのをご存知ですか? この自分の猫背タイプをしっかり把握していないといくら猫背に良いエクササイズを行ってもあまり効果は望めません。 なのでいくら猫背改善エクササイズを一生懸命やって ...

続きを読む

猫背

2019/3/26

猫背のままだと垂れ乳の原因になる

女性であれば誰しも多少なりとも自分のバストについて、不満や悩みを抱えているのでは無いでしょうか? 例えば、「胸が小さい」や「バストの形が悪い」「年齢と共に最近垂れてきた」「バストの張りが無くなってきた」などなど・・・ ある程度年齢を重ねることでバストの張りなどが無くなって来るのは致し方ないと諦めてしまっている方もいるかと思いますが、いくつになっても張りのある美しいバストでいたいと願うのは女性にとっては当たり前のことかと思います。 しかしここ最近では年齢に関係なく若い方でも「最近、バストが垂れてきたなぁ~」 ...

続きを読む

子ども

2019/3/26

幼少期の猫背は肥満の原因に

猫背の子供が増えたことにより、肥満児の割合が増加しています。 お子様が多少の肥満体形ではとさほど心配されるほどではございませんが、過度の肥満体形の場合は気をつけるようにしましょう スポンサーリンク 子供の肥満が増えている ここ20年の間に子供の肥満率が2~3倍に増えていることが文部科学省の調査で明らかになりました。 文部科学省データ引用 男の子の場合、9歳児から肥満傾向にある割合が10%を超え、その中でも15歳児の肥満率が13.5%ともっとも高く次いで12歳児の12.0%ということです。 また、女の子では ...

続きを読む

子ども

2019/3/16

幼少期に猫背のままだと身長が伸びづらくなります

我が子の身長が低いままだと親としてはどうにかして子どもの身長を少しでも高くしてあげたいと願うのは当たり前のことかと思います。 しかし我々人間の身長は遺伝要因の影響が大きいと言われており、8割から9割は親の遺伝を引き継ぎます。 なので両親の身長が低い場合にはどうしてもお子さんの身長も低くなりやすくはなりますが、それでも遺伝要因のギリギリまでは背が伸びてほしいですよね。 しかし子どもの成長期などに無理な姿勢(猫背など)などでいることにより、本来伸びるはずの身長も途中で伸びないままで終わる可能性がございます。 ...

続きを読む

子ども

2019/3/16

幼少期の猫背が運動神経を左右する

自分の子供が将来オリンピックに出場したりプロスポーツ選手になって欲しいと願う親もいるかと思いますが、大きくなってからの運動神経は子供のころの環境が影響しています。 仮に幼少期にあまり運動をしてこなかったお子さんと一生懸命運動をされてきたお子さんでは、一概には言えませんが中高生になってからの差が大きく開くこともございますので子供の運動神経をよくしてあげたいのなら幼少期より身体を動かすようにすることをおすすめいたします。 スポンサーリンク 運動神経は子供の頃の環境で決まる 一般的に運動能力を図る目安には、瞬発 ...

続きを読む

子ども

2019/3/14

子どもの猫背を改善して学力をアップする

学力の低下が問題視されていますが、長時間勉強をするだけが学力をアップさせる方法ではございません。 しかし、各ご家庭での様々な教育論などがございますので、こちらでご紹介している内容はお子様の学力をアップさせる方法論の1つとして参考程度に留めておいてください。 スポンサーリンク 本当に「ゆとり教育」だけが学力低下を招いたのか? ゆとり教育が始まった2002年以降、国際的にみて日本の学力低下が問題視されていますが、本当に「ゆとり教育」に移行したことにより学力が低下したのでしょうか? この学力低下について色々と議 ...

続きを読む

子ども

2019/3/18

子供が猫背だと集中力が続かない

「うちの子供は集中力が続かなくて困るわ」って思っている親って実際には非常に多いと思います。 しかし、いくら口で注意しても集中力が続かない原因には、ひょっとしたら子供の猫背が影響しているかも知れません。 スポンサーリンク 猫背は脳内の酸欠を引き起こす 子供の集中力が続かない原因には、実は猫背が大いに関係しています。 酸素を体内に取り込む機能を持っている呼吸器系は、成長段階の子供は大人に比べると約1/2程度しか酸素を体内に取り込むことが出来ません。 1回の呼吸で酸素を取りこむ量は 通常成人男性が1回の呼吸で肺 ...

続きを読む

子ども

2019/3/14

子供の猫背が増えた原因とは

1980年の調査によると幼稚園児や小学生の猫背の割合が2割未満だったのに対し2010年以降では子供の猫背の割合が4割弱にまで増えたとの報告がございます。 なぜこれ程までに子供の猫背の割合が増加したのでしょうか? スポンサーリンク 子供の猫背が増えています。 最近、猫背気味のお子さんが増加傾向にあるという報告がございましたが、2010年以降の調査では実に3人に1人はは猫背だとか・・・ これって実はとても大変な事態だと私は思っているのですが、当の本人方はそれほど大変だと思っていないかも知れません。 子供(幼少 ...

続きを読む

お勧め記事(一部広告含む)

-猫背
-, ,

Copyright© 身体の歪み原因とは , 2019 All Rights Reserved.