身体の歪みは様々な不調の原因となる

身体の歪み原因とは

ストレッチ

脊柱起立筋(下部)のストレッチの方法

投稿日:

脊柱起立筋の下部のストレッチです。

脊柱起立筋下部は普段あまり動かさない部位で疲れが溜まり易く、疲れのピークを越えてしまうと腰痛になりやすい部位です。

スポンサーリンク

脊柱起立筋(下部)のストレッチ

画像の説明

床に座り、両足を左右に大きく開き膝を90度位に曲げます。顔は前を向き両手は股の間に置きます。

 

画像の説明

肘を床に付けていき身体(特に背中辺り)を丸める様にへそを覗きこ見ます。背中から腰にかけて伸ばされている感じがしたらOKです

この時、顎を引くようにすると背中がさらに伸ばされる感じがします。

※すいません・・・モデルさんの身体が硬いため上手く表現出来ていません・・・

 

定番のストレッチ!!背中と大殿筋を一緒に伸ばす

床で仰向けになり片脚を曲げて床で伸ばした脚にクロスさせる

クロスさせた膝の外側を曲げた脚の反対の手で押さえる

もう一方の腕は肩の真横に伸ばす

クロスさせた膝を手で押さえながら、ジヮーとゆっくり腰を捻ります

ワンポイント

このストレッチを行う時の注意点は腰を捻る時、肩が床から浮かない様に注意しましょう。

肩が浮いてしまうとせっかく脊柱起立筋下部をストレッチしているのですが効果が半減してしまいます。

仕事中でも出来るストレッチ

椅子や机など身近にある物で簡単に出来るストレッチです。

まず、椅子や机など動かない事をしっかり確認して下さい。椅子から後方に2歩下がり、両足を肩幅に開き立ちます。

椅子等の背もたれに両手をついて胸を床に近づけるように上半身を曲げていきます。この時頭も両腕の間に入れるようにするとしっかり伸ばす事が出来ます。

このストレッチはどこでも出来るので、ちょこっとトイレに行った時など洗面台を利用して行っても良いと思います。

その他の脊柱起立筋のストレッチ

ストレッチ

脊柱起立筋(広範囲)をストレッチする方法

2019/02/22  

脊柱起立筋は姿勢維持には欠かせないとても重要な筋肉ですが、背中と言う事もありあまり目に届きにくくケア ...

ストレッチ

脊柱起立筋(中部)のストレッチ方法

2019/02/22  

脊柱起立筋は身体の中では非常に大きな筋肉です。上部・中部・下部としっかりとストレッチをするようにしま ...

-ストレッチ

Copyright© 身体の歪み原因とは , 2019 All Rights Reserved.