身体の歪みは様々な不調の原因となる

身体の歪み原因とは

身体が硬い

身体の柔軟性を決める箇所はどこなの?

更新日:

僧帽筋

身体の柔軟性の決め手となる部位をしっかりと知ってからストレッチを行うと、より効果的に身体を柔らかくすることが出来るので途中で挫折しません。

 

なぜ身体が硬くなるの?

なぜ、私たちは身体が硬くなるのでしょうか?まずはその原因を知っておく必要があります。

昔に比べると私たちは、日常生活を快適におくる為にあらゆる環境下で身体を動かす機会が減ってきています。

日中、仕事中なら何処か遠くに移動する際には車や電車を使用しますし、階段の上り下りが辛いからといって直ぐにエレベーターやエスカレーターなど使う為、普段から慢性的な運動不足の状態です。

また、ご家庭にいる時にもソフォーに座ったままTVの番組を変えるにも手元のリモコンでことは足りますし、電気を点けたり消したりする際にもリモコンでピッとすると歩かないですし、昔のように肩より上に手を上げることなく電気などが点いたり消えたりしてくれます。

この様な日常生活を送っていると歩く際に使うはずの股関節周りは硬くなりますし、肩関節も硬くなりがちになります。

日々関節を動かさないでいるとそれら関節に付着している筋肉も必然的に動かなくなるので筋肉も凝り固まって柔軟性が低下し硬くなってしまします。

身体をスムーズに動かすのに必要な部位を知る

身体が硬いので柔らかくしたいと思っても、どの部位を柔らかくしていいのか見当がつかないのが本音では無いでしょうか?

また、身体がスムーズに動くようにするには、ただある一か所だけの柔軟をすれば良いという箇所はございませんが、主要となる箇所があるのでその主要となる関節の柔軟性を高める努力をすることにより、ご自身の身体は普段の生活でスムーズに動かす事が出来るようになり身体が柔らかくなるでしょう。

 

 身体を3つのパーツとして考える

身体がスムーズに動くようになる為には、体幹とその体幹を結ぶ役割を持つ肩甲骨と股関節の動きをスムーズにすることで普段のギクシャクした動きに比べ身体はより滑らかに動くようになります。

肩甲骨や股関節を主にメインとしてストレッチをすることを、以前ですと「コアストレッチ」と呼ばれていましたが、何でもかんでも「体幹」と付けた方が読者ウケするので「体幹ストレッチ」などと呼ばれるようになりました。

ですのでどちらもほぼ同じような意味合いですので余り気にされないでください。

そして身体が硬くて気にされている方は、直ぐにでも色々なストレッチをし身体の柔軟性を確保したいと思います。

 

しかしまずはベースとなる股関節の稼働域を広めることと肩甲骨(肩関節)の稼働域を広めることから始めた方がより効果的に身体の柔軟性が向上します。

股関節や肩甲骨周りが硬いままストレッチをされても余り効果が無いストレッチなどもございますのでお気を付けになってください。

コアストレッチの方法などはコチラでお話しております

コアストレッチ

コアストレッチのメリットとその方法とは

2019/02/25  

皆さんがストレッチと聞くと前屈や開脚などを思い浮かべるかと思いますが、ここではそれら部位のストレッチ ...

コアストレッチ

コアストレッチで「深層部」の筋肉や関節を動かそう

2019/02/25    ,

色々なストレッチを試してみたがあまり身体に変化が無いというかストレッチをしていても伸ばされている実感 ...

 

身体が硬い関連記事

身体が硬い

2019/3/6

身体が硬い人は普段から「身体を意識をして動かしていない」からだ

笑い話で子供の運動会の時、「お父さん達は走っている最中によく転ぶ」って聞いたことありませんか? 実はこの転ぶという行為は脳では昔の走っているイメージがあるので各筋肉や関節を動かそうとしているのですが、暫く走るという行動をしていないと筋肉や関節が実際にはどの様に動かしていいのか忘れてしまい足がもつれたりするのです。 あと違う例え話で子供の頃、耳や頭皮を手を使わないでも動かせれる子供って身近にいませんでしか? 「しかし昔は動かせれたけど、大人になると動かせれなくなったんだよね」って方は身近に居ませんか? これ ...

続きを読む

身体が硬い

2019/3/6

身体の柔軟性を取り戻す2つのアプローチ

身体が硬い方でも、身体を柔らかくしスムーズに動けるようになるのは実は簡単なことなのです。 ただ、身体が硬い方が身体が硬い原因をしっかりと見極めていない為に意味の無いストレッチなどを行うために中々効果が表れずストレッチなどうを継続しなくなる為、身体がいつまで経っても硬いままなのです。 身体が硬い原因にはいくつかございますが、大きく分けて2通りの原因があります。 身体が硬い原因 関節の稼働域が狭い為に筋肉も萎縮し身体が硬くなる 各関節を自意識の中で動かせなくなる&動かしづらくなる 先ずは身体を柔らかくする為に ...

続きを読む

僧帽筋

身体が硬い

2019/6/20

身体の柔軟性を決める箇所はどこなの?

身体の柔軟性の決め手となる部位をしっかりと知ってからストレッチを行うと、より効果的に身体を柔らかくすることが出来るので途中で挫折しません。   なぜ身体が硬くなるの? なぜ、私たちは身体が硬くなるのでしょうか?まずはその原因を知っておく必要があります。 昔に比べると私たちは、日常生活を快適におくる為にあらゆる環境下で身体を動かす機会が減ってきています。 日中、仕事中なら何処か遠くに移動する際には車や電車を使用しますし、階段の上り下りが辛いからといって直ぐにエレベーターやエスカレーターなど使う為、 ...

続きを読む

身体が硬い

2019/6/20

身体が硬い人はスポーツ時にもデメリットがたくさんある

子供から大人までスポーツをする全ての人に言えることですが、スポーツをする際には身体が柔らかい方が良いことは分かっています。 しかし、『なぜ身体が硬いとダメなのかきちんと説明してください』と言われると中々説明が出来ないのが本音ではないでしょうか?   なぜ、スポーツ選手が身体が硬いとダメなのか 一般的にスポーツ選手が身体が硬いことにより起こり得る弊害を上げていきたいと思いますが、あなたはいくつお答になれるでしょうか? スポーツ時の弊害 スポーツ時にケガをしやすくなる 瞬発力の低下を招く 持久力を低 ...

続きを読む

身体が硬い

2019/8/22

身体が硬いデメリットとは

みなさんは「身体が硬い」と聞くとあまりよいイメージを持つ方は少ないと思います。それでは身体が硬い人のイメージとは言葉に表してみると下記の様なイメージをもたれると思います。 身体が硬い人のイメージ 身体が硬い=運動不足 身体が硬い=怪我をしやすい 身体が硬い=歳を取った では逆に身体が柔らかい人のイメージとはどのようなイメージでしょうか? 身体が柔らかい人のイメージ 身体が柔らかい=いつも運動をしている 身体が柔らかい=スポーツをしていてもあまり怪我をしない 身体が柔らかい=若々しい人だ さて、あなたなら人 ...

続きを読む

身体が硬い

2019/6/20

身体が硬いとなぜ悪い?

昔っから「自分は身体が硬い」って自慢する方がいますが、本当にそのままでよろしいのですか?身体が硬いことで良いことなんてなに一つも有りませんし何ら自慢することではありませんよ。   ストレッチの必要性 学生時代に立位体前屈ってやったのを覚えていますか?立位体前屈と言われもピンとこない方もいるかも知れませんが、立った状態で膝を曲げないで指先が床から何センチかと調べる方法です。 一般的に昔から立位体前屈などで身体の柔らかさのバロメーターとなる方法ですが、中にはこの立位体前屈がマイナス30センチという驚 ...

続きを読む

お勧め記事(一部広告含む)

-身体が硬い
-

Copyright© 身体の歪み原因とは , 2019 All Rights Reserved.