身体の歪みは様々な不調の原因となる

身体の歪み原因とは

歪み

身体の歪みを改善する方法

更新日:

歪みを改善する方法

生活習慣の変化により近年身体の歪みなどが増えてきていますが、身体の歪みをそのまま放置しているとやがて様々な症状を引き起こします。

そこで皆さんは色々な方法にて身体の歪みを改善しようとされますが、身体の歪みを改善する方法は大きく分けて5つに分類されるかと思います。

こ身体の歪みを改善する方法

  • カイロプラクティックなどの背骨&骨盤の専門家に診てもらう
  • 動きずらい関節の動きを正常化するストレッチ
  • 骨盤ベルトや猫背改善ベルトの使用により改善する
  • 姿勢維持に欠かせないインナーマッスルを強化する
  • 普段使う寝具の改善を行う

スポンサーリンク

主に身体の歪みを改善する方法には、身体の歪みの専門家などの手を借りて改善する方法と自分の努力でにて改善する方法がございます。

また出来れば歪みの専門家などの手を借りつつ身体の歪みを改善することと、ご自身でも歪みを改善出来るような努力をすることが望ましいです。

どちらか一つに頼るのではなく上手に併用し身体の歪みを改善していきましょう。

それではもう少し身体の歪みを改善する方法を詳しく説明していきたいと思います。

 

背骨と骨盤の専門家カイロプラクティック

背骨の専門家カイロプラクティック

みなさんもカイロプラクティックという言葉を聞いた事が有りますよね。

よく「整体院」と「カイロプラクティック院」とではなにが違うの?というお話を耳にしますが、ざっくり言うと発祥地が異なります。

整体などは主に中国が発祥の地とされており、対してカイロプラクティックはアメリカが発祥の地とされています。

ここで整体とカイロプラクティックとの違いを説明すると長くなるのでまた別の機会にお話しますね。

そしてなぜ身体の歪みにはカイロプラクティック院などが良いのかというと、元々カイロプラクティックとは背骨の歪みを整え神経伝達を正常化するのが目的の施術です。

ですので身体の歪みの原因となる背骨などを整える専門家ということなので、身体の歪みを改善したいという方にはおすすめ出来ます。

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックは背骨が歪む事により背骨の横から出ている神経の出口が圧迫され神経伝達が正常に行わなくなり身体に不調をもたらすという考えから、背骨を正常な位置に戻し神経伝達を正常化しカラダの不調を取り除くのがカイロプラクティック本来の施術方法です。

カイロプラクティック院は技術の差が大きいので選ぶ際は慎重に

昨今「カイロプラクティック」という看板を掲げているお店は非常に多いかと思いますが、どこのお店に行っても身体の歪みが改善出来るとは限りません。

日本においてカイロプラクティックは民間療法の1つで、はっきり言いますと「無資格者」になります。

ですので1週間くらいの講習を受け「カイロプラクティック」という看板を掲げるお店などもあるのも事実です。

またカイロプラクティック院だと言いつつも実はただの「揉みほぐし屋」ということもあるので、ちゃんと身体の歪みを整えたい方はお店選びを慎重に行うようにしてください。

ちなみに「昔から営業されているお店」や「口コミなどが多いお店」の方が確かな技術を持ち合わせていると思うので、お店選びをする際にはそれらを基準に選択されるが宜しかと思います。

動きずらい関節を正常に動く様にする

関節の動きをよくする
身体が段々と歪んでいき「猫背」や「反り腰」になってしますと、今まで正常に動いていた関節は通常の関節可動域まで動かなくなり徐々に関節の可動域は減少していきます。

関節の可動域が減少してくることにより、関節周辺の靭帯などは徐々に萎縮していき更に身体の歪みを加速させます。

ですのでそうならない為にも、日々身体を動かし関節などを動かすことが大事になります。

そして関節を動かすのに最適なのが皆さんもご存知のストレッチになります。

ストレッチはご自宅などでも出来ますし、自分の身体の状況に合わせながら行うことも出来る素晴らしい運動になります。

ただストレッチの効果を実感するまでにはある程度の期間が必要となるので、なかなか長続きが出来ず途中であきらめてしまう方も多いかと思います。

年齢などもございますがストレッチを継続し効果が実感できる期間は大抵3か月後と言われておりますので、焦らず日々少しづつ続ける様に努力してください。

身体の歪みに効果的なストレッチをご紹介

そしてストレッチならなんでもいいのではなく、ご自身の身体の歪みにあったストレッチをするようにしてください。

なかなか自分の身体の歪みにあったストレッチなど分かりづらいかと思いますが、先ずは自分の身体の左右の動かし方に違いが無いかを確認しながらストレッチをするようにするといいかと思います。

また身体を動かしてみて動きが鈍い箇所などが歪みの原因となっていることが多いので、それらの場所を探しつつ身体を動かしてみるのもいいのかも知れません。

そして身体の歪みを改善するストレッチには下記の様なストレッチが効果的と言われております。

ストレッチのポイント

  • 縮んだ状態の筋肉の癖(適応性短縮)をとるストレッチ
  • 可動域減少している関節の動きを良くするモールディング
  • 普段動かさない靭帯のストレッチ

なかなかストレッチを始めて直ぐには難しいのかも知れませんが、少しづつ続けてみてください。

またストレッチをする際のポイントコチラでご紹介しておりますの是非参考にしながらストレッチをしてみください

ストレッチはポイントを押さえて行わないとあまり効果が無い

ストレッチを行う時に必ず疑問に思うことが数点あるかと思います。 「どれくらいの時間伸ばしたら良いのか ...

続きを見る

コチラでは様々なストレッチもご紹介しています

ストレッチ色々

ストレッチ 便利グッズ

2019/3/6

筋トレおすすめグッズ!自宅でトレーニングを快適に!

身体の歪みは解消したいが、全て人任せにしていてはいつまで経っても身体の歪みは解消できません。 身体の歪みは普段の生活習慣が大いに関係しており、普段から身体を動かす習慣が少ない人ほど身体は歪みます。 そこで、少しでもご自宅などで身体が歪ま無いためにも効率よくトレーニングをすることが大事です。 ご自宅であれば自多重(道具を使わないで自分の体重のみで行う)である程度までのトレーニングは出来ますが、トレーニング初心者の方にとってはどのようなトレーニングをして良いのか分からないかと思います。 そこで、少しでもご自宅 ...

続きを読む

ストレッチ

2019/3/6

ストレッチといってもたくさんの種類があるのをご存知でしたか

普段行っているストレッチにも色々な種類のストレッチ名称があるのをご存知ですか? またストレッチの種類もよっては運動前に行うもの、運動後に行うものなど様々です。しっかりと目的に合ったストレッチを行いましょう。 スポンサーリンク ストレッチってこんなに素晴らしい スポーツをする時は怪我をしない様に各関節を伸ばしたり、お風呂場ではおじいちゃんが腰に手をやり腰をグルグル、または最近では見かける事が少なくなったが、夏休みの朝は子供たちが公園に集まり朝のラジオ体操など身近には大変多くの方がストレッチを行っています。 ...

続きを読む

コアストレッチ

2019/3/3

コアストレッチのメリットとその方法とは

皆さんがストレッチと聞くと前屈や開脚などを思い浮かべるかと思いますが、ここではそれら部位のストレッチではなく体幹(コア)のストレッチについてのお話をしていきたいと思います。 またあまりコアストレッチという言葉自体あまり聞きなれない言葉かも知れませんが、体幹(コア)をしっかりと動かせれるようになると他の部位もスムーズに動かせれるようになるので是非体幹(コア)ストレッチをするようにしてください。 また体幹(コア)の柔軟性が低下することでその他の部位を動かす動作にも支障をきたす場合もございます。 自分の体を思い ...

続きを読む

コアストレッチ

2019/3/3

コアストレッチで「深層部」の筋肉や関節を動かそう

色々なストレッチを試してみたがあまり身体に変化が無いというかストレッチをしていても伸ばされている実感がないという方が意外と多いです。 ストレッチを開始し1週間程度では身体に変化は現れにくいですが、1カ月程度ストレッチをすると身体に変化は多少なりとも現われてきます。 しかし、1カ月ほど継続しても身体に変化が現われない無い方はやり方などが間違っている可能性があるのでポイントなどを再度確認することをおすすめします。 スポンサーリンク ストレッチしてても効果が実感出来ない人 コアストレッチのお話をする前にストレッ ...

続きを読む

ストレッチ

2019/3/6

ストレッチはポイントを押さえて行わないとあまり効果が無い

ストレッチを行う時に必ず疑問に思うことが数点あるかと思います。 「どれくらいの時間伸ばしたら良いのか」や「いつ行えばより効果的なのか」などそれらの疑問に対してストレッチの基本原則をお話したいと思うます。 スポンサーリンク ストレッチの基本原則をしっかり知っておこう ストレッチをより効果的に行えるように、ストレッチの基本をしっかりと覚えておきましょう。 ストレッチを行う際に重要となってくるのが以下の4点となってきます。   ストレッチで伸ばす時間は?また伸ばす際の強さは? ストレッチを行う際に各部 ...

続きを読む

ストレッチ

2019/2/22

脊柱起立筋(下部)のストレッチの方法

脊柱起立筋の下部のストレッチです。 脊柱起立筋下部は普段あまり動かさない部位で疲れが溜まり易く、疲れのピークを越えてしまうと腰痛になりやすい部位です。 スポンサーリンク 脊柱起立筋(下部)のストレッチ 床に座り、両足を左右に大きく開き膝を90度位に曲げます。顔は前を向き両手は股の間に置きます。   肘を床に付けていき身体(特に背中辺り)を丸める様にへそを覗きこ見ます。背中から腰にかけて伸ばされている感じがしたらOKです この時、顎を引くようにすると背中がさらに伸ばされる感じがします。 ※すいませ ...

続きを読む

no image

ストレッチ

2019/2/22

脊柱起立筋(中部)のストレッチ方法

脊柱起立筋は身体の中では非常に大きな筋肉です。上部・中部・下部としっかりとストレッチをするようにしましょう。 スポンサーリンク   脊柱起立筋の中部をストレッチする方法 床の上で仰向けになり、両膝を揃えて抱え込みます。 すいません・・・モデルさんが硬い為、上手く表現出来ていませんがご了承ください(笑)   抱え込んだ両膝を両手で額に付けるように引き寄せていきます。 首の後と背中を丸めながら上体を起こします。腰の辺りが伸ばされている感じがしたらOKです。 腰が伸ばされている感じが有れば無 ...

続きを読む

ストレッチ

2019/2/22

脊柱起立筋(広範囲)をストレッチする方法

脊柱起立筋は姿勢維持には欠かせないとても重要な筋肉ですが、背中と言う事もありあまり目に届きにくくケアを怠りやすい筋肉です。 だからこそ脊柱起立筋をしっかりケアをすることで普段の姿勢やスタイルは大幅に変化させてくれます。 スポンサーリンク 簡単だが効果抜群!!猫のポーズで背中をストレッチ 両手と両膝を床について四つん這いになります。両手の位置はちょうど肩幅程度に開き、両膝は股関節の真下に来るようにします。   両手と両膝で床を押すようにし、お腹を凹ませていき背中を丸めてましょう。 この時しっかりと ...

続きを読む

ストレッチ

2019/3/1

脊柱起立筋のストレッチ

よく耳にする脊柱起立筋という筋肉ですが、実は脊柱起立筋とは背骨に沿うように走っている頚腸肋筋や腰腸肋筋など9つの筋肉の総称です。 なんだか難しい単語がいっぱい出てきますが、身体にはとても大事な筋肉なのでこの際脊柱起立筋の事を勉強してみましょう。 スポンサーリンク 脊柱起立筋をゆるめて身体の動きを軽やかにする 脊柱起立筋とは背骨に沿うように走っている頚腸肋筋や腰腸肋筋など9つの筋肉の総称ですが、なんだか難しい言葉ですね。 簡単に言うと骨盤から頸椎(首)までの背骨の横にある筋肉です。この筋肉は身体の浅層部分に ...

続きを読む

姿勢矯正グッズなどを利用し良い姿勢を身に付ける

ストレッチなどをしてもなかなか歪みの無い身体を手に入れられない方や、運動などが苦手でストレッチすら継続出来ないという方は是非姿勢矯正グッズなどの手を借りて身体の歪みを改善しましょう。

そしてこらら矯正グッズで徐々に身体に変化が現れたら、姿勢矯正グッズに頼らないでご自身で姿勢を整える努力をするようにしましょう。

なぜ姿勢矯正グッズを頼らないでというのかというと、ずっとこれら矯正グッズばかりを頼っていると装着している時はよいが外すと元に戻る様では一生涯姿勢矯正グッズに頼らなくてはいけない生活になってしまいます。

そこでこれら姿勢矯正グッズで徐々に身体の歪みを整えつつ、徐々にご自身の身体だけで正常な姿勢を保てれる様にしなくてはいけないのです。

また徐々に身体の歪みが改善してくると、今まで出来なかったストレッチやトレーニングなども行えるようになるかと思います。

おすすめ姿勢矯正ベルト

便利グッズ 歪み

タイプ別おすすめ姿勢矯正ベルトのご案内

2019/02/27  

『猫背』や『肩の高さが違う』方など姿勢を正そうとしても、なかなか良い姿勢にするのは難しいものです。 ...

姿勢維持に欠かせない抗重力筋を鍛える

抗重力筋を鍛える猫背や反り腰などの方はよく「筋肉力不足だ」と言われていますが、プロスポーツ選手でも猫背や反り腰といった姿勢が悪い方は多く見かけます。

プロスポーツ選手で有れば一般の方よりも筋肉は有るように思われますが、実は姿勢を維持する筋肉のインナーマッスルなどが重要になってきます。

スポーツ選手の多くは瞬間的に力を発揮する筋肉(アウターマッスル)は発達していることが多いですが、姿勢などを維持するのに使われる抗重力筋などが弱いことが多くスポーツ選手でも姿勢が悪い方がいるのです。

ちなみに「重たい物を持ち上げる」や「急な動きをする」など瞬間的に力を発揮するのに使われる筋肉(アウターマッスル)は発達しやすく、外から見てもカッコ良く見えるので最近では身体を鍛える方が増えましたよね。

しかし良い姿勢を維持するのに使われる筋肉はインナーマッスルと呼ばれており、このインナーマッスルが弱くなることでカラダの歪みを誘発しています。

ですのでよい姿勢でカラダの歪みを改善されたい方は姿勢維持に欠かせないインナーマッスルなどを鍛えるようにしてください。

このインナーマッスルと鍛えるトレーニングは「プランク」などが基本のトレーニングになっていますので、是非ご自宅などでもこの「プランク」から始めてみてはいかがでしょうかね

歪みを予防する寝具を使う

歪みを予防する寝具

これって意外と見落としがちですが、身体の歪みと寝具には大きく関係しています。

人間の平均睡眠時間は約7時間と言われています。

そして1日24時間のうちの7時間寝ていると言う事は人生の約1/3は寝ているということになりますよね。

そんな人生の1/3を寝具の上ですごしているのにも関わらず、みなさんはあまり寝具(マットレス)などに関心が無い方が多いです。

例えば、「枕は購入してもう10年以上使っている」やマットレスも「何十年も同じのを使っている」などこんな方が多いかと思います。

本気でカラダの歪みをどうにかしたいと思われている方は是非とも人生の1/3もの間すごす寝具にもう少し気を使われるようにしてください。

-歪み
-, ,

Copyright© 身体の歪み原因とは , 2019 All Rights Reserved.