身体の歪みは様々な不調の原因となる

身体の歪み原因とは

身体が硬い

骨盤が後傾することによりもも裏(下腿)の筋肉が硬くなる

更新日:

腿の後ろが硬い

前屈が苦手(出来ない)な人の大半は腿裏(ハムストリングス)や脹脛(ふくらはぎ)の筋委縮(筋肉が硬い)を起こしています。

ではなぜ腿裏(ハムストリングス)や脹脛の筋肉の柔軟性が損なわれるのでしょうか?

 

骨盤が後傾することにより腿裏や脹脛の筋肉が硬くなる

前屈が苦手な人の原因は骨盤が後傾しているからとお伝えしましたが骨盤が後傾すると身体にはどのような不具合が起きるのでしょうか?

前屈が出来ない
前屈が出来ない(苦手)な人の特徴

身体の柔らかさ(柔軟性)を知るバロメーターによく用いられるのが、この前屈する動作ですが、この前屈がと ...

続きを見る

まず、前屈が苦手な方の原因の1つに腿裏(ハムストリングス)や脹脛(ふくらはぎ)の筋肉が硬くなり前屈が出来なくなるということがありますが、骨盤が後傾することにより腿裏(ハムストリングス)や脹脛(ふくらはぎ)の筋肉は常に萎縮(縮んだ状態)している状態になるため、それらの筋肉の柔軟性は段々と衰えてきます。

それでは、なぜ筋肉が常に萎縮した状態でいると筋肉の柔軟性が無くなるのでしょうか?

 

筋肉は使わないと硬くなる

何故、筋肉の柔軟性が失われるのかと言いますと、骨盤が後傾することにより腿裏(ハムストリングス)の筋肉が常に伸縮活動をしなくなるため、次第に筋肉(ハムストリングス)は柔軟性を失い硬くなっていきます。

 

もも裏が硬くなる

 

本来筋肉は普段から動かさないでいると次第に柔軟性(老化)が失われる性質が有ります。

中々筋肉の柔軟性のことを目にする機会が少ないと思いますが、身近で私たちが目にしやすい似たような現象と言えば、台所に置いてある『輪ゴム』と似ているかも知れません。

輪ゴムも普段から使っているとある程度の柔軟性(伸び縮み)は保たれ、使用頻度が上がり過ぎると「ブチッ」と切れてしまいますよね。

例えば台所に置いてある普段あまり使っていない輪ゴムの場合、使用頻度はさほど多く無いのに直ぐに切れてしまいます。

普段生活している程度では筋肉の場合には直ぐに「ぶちっ」と切れることは少ない(スポージ時は切れやすくなる)ですが、日ごろから腿裏(ハムストリングス)の筋肉が縮んでいる状態だと次第に硬くなるのは当たり前のことです。

スポンサーリンク

気を付けて動く癖を付けないといけません

普段から骨盤が後傾しており下腿の筋肉が硬くなったという人などは、日常生活の中で骨盤の向きが通常の人に比べると下腿(足の筋肉)を動かす動作自体減る傾向がございます。

また、骨盤が後傾することで身体の動かし方にも制限がかかるので、余計に腿裏(ハムストリングス)の筋肉などは動かさないようになるのでさらに腿裏(ハムストリングス)の筋肉は硬く柔軟性が無い筋肉となっていきます

負のスパイラルに陥る

骨盤が後傾

腿裏(ハムストリングス)萎縮

腿裏(ハムストリングス)柔軟性欠如

動きが制限される

動きにくくなるので尚更動かなくなる

動かないのでさらに柔軟性が欠如する

この様に骨盤が後傾することで、下腿の筋肉などの柔軟性が無くなっていきやがて負のスパイラルに陥ります。

なのでこれら下腿の筋肉の柔軟性が低下してきた方などは普段から自分で動かす癖をつけてあげるのがよろしいかと思います。

 

骨盤が後傾している方は猫背にもなりやすい

前屈が苦手な方で骨盤が後傾しているという方は、自分の姿勢にも注意をするようにした方が良いかもしれません。

≫骨盤後傾型猫背タイプの特徴でもお話していますが、骨盤が後傾することにより「骨盤後傾型猫背」になりやすい傾向がございます。

骨盤後傾型猫背になると下腹などが出やすくなったり見た目年齢も実年齢よりも「+5歳」になったりとマイナス要素が沢山ございます。

ですから、前屈が苦手で最近下腹が出てきたなぁ~って思われている方は猫背予備軍かもしれませんよ。

コチラで骨盤後傾型猫背の特徴の説明をしていますので気になった方は是非ご覧になってください。

骨盤後傾型猫背
骨盤後傾型の猫背の特徴とは

最近特に多い骨盤後傾型猫背の特徴をお話していきたいと思います。 この骨盤後傾型猫背タイプの方は特に見 ...

続きを見る

 

骨盤の後傾を矯正してくれるアイテムのご紹介

骨盤が後傾することにより身体には様々な症状がでてきますが、そのままの状態で長くいると骨盤は増々後傾してしまいます。

そこで少しでも骨盤の後継を改善するためにもご自宅などで骨盤の後傾を改善するためのストレッチをするようにしましょう。

しかし1度高t版が後傾傾向になってしまった方は前屈などのストレッチが苦手な方も多く、中々効果的なストレッチが出来なかとおもいます。

そこで骨盤が後傾している方向けのアイテムをご紹介いたします。

その骨盤の後傾を矯正してくれるアイテムのは「フレックスクッション 」です。

フレックスクッションはお相撲さんが股割をする際に土俵の俵の上でストレッチをするのをヒントに考案されたアイテムで、骨盤が後傾している方ならなフレックスクッションの上に座り開脚するだけで骨盤を起こしてくれるので足を伸ばして座ることが出来ない方でも足を伸ばして座ることが出来るようになります。

またフレックスクッションの上に座り開脚をし前屈運動をすることにより、股関節やもも裏の筋肉を効率よく伸ばすことが出来るので徐々に骨盤後傾も改善してくれます。

骨盤が後傾していて困っているという方には是非フレックスクッションでストレッチをするのをおすすめします

身体が硬い関連記事

身体が硬い

2019/3/6

身体が硬い人は普段から「身体を意識をして動かしていない」からだ

笑い話で子供の運動会の時、「お父さん達は走っている最中によく転ぶ」って聞いたことありませんか? 実はこの転ぶという行為は脳では昔の走っているイメージがあるので各筋肉や関節を動かそうとしているのですが、暫く走るという行動をしていないと筋肉や関節が実際にはどの様に動かしていいのか忘れてしまい足がもつれたりするのです。 あと違う例え話で子供の頃、耳や頭皮を手を使わないでも動かせれる子供って身近にいませんでしか? 「しかし昔は動かせれたけど、大人になると動かせれなくなったんだよね」って方は身近に居ませんか? これ ...

続きを読む

身体が硬い

2019/3/6

身体の柔軟性を取り戻す2つのアプローチ

身体が硬い方でも、身体を柔らかくしスムーズに動けるようになるのは実は簡単なことなのです。 ただ、身体が硬い方が身体が硬い原因をしっかりと見極めていない為に意味の無いストレッチなどを行うために中々効果が表れずストレッチなどうを継続しなくなる為、身体がいつまで経っても硬いままなのです。 身体が硬い原因にはいくつかございますが、大きく分けて2通りの原因があります。 身体が硬い原因 関節の稼働域が狭い為に筋肉も萎縮し身体が硬くなる 各関節を自意識の中で動かせなくなる&動かしづらくなる 先ずは身体を柔らかくする為に ...

続きを読む

僧帽筋

身体が硬い

2019/3/6

身体の柔軟性を決める箇所はどこなの?

身体の柔軟性の決め手となる部位をしっかりと知ってからストレッチを行うと、より効果的に身体を柔らかくすることが出来るので途中で挫折しません。 スポンサーリンク なぜ身体が硬くなるの? なぜ、私たちは身体が硬くなるのでしょうか?まずはその原因を知っておく必要があります。 昔に比べると私たちは、日常生活を快適におくる為にあらゆる環境下で身体を動かす機会が減ってきています。 日中、仕事中なら何処か遠くに移動する際には車や電車を使用しますし、階段の上り下りが辛いからといって直ぐにエレベーターやエスカレーターなど使う ...

続きを読む

身体が硬い

2019/3/6

身体が硬い人はスポーツ時にもデメリットがたくさんある

子供から大人までスポーツをする全ての人に言えることですが、スポーツをする際には身体が柔らかい方が良いことは分かっています。 しかし、『なぜ身体が硬いとダメなのかきちんと説明してください』と言われると中々説明が出来ないのが本音ではないでしょうか? スポンサーリンク なぜ、スポーツ選手が身体が硬いとダメなのか 一般的にスポーツ選手が身体が硬いことにより起こり得る弊害を上げていきたいと思いますが、あなたはいくつお答になれるでしょうか? スポーツ時の弊害 スポーツ時にケガをしやすくなる 瞬発力の低下を招く 持久力 ...

続きを読む

身体が硬い

2019/6/3

身体が硬いデメリットとは

みなさんは「身体が硬い」と聞くとあまりよいイメージを持つ方は少ないと思います。それでは身体が硬い人のイメージとは言葉に表してみると下記の様なイメージをもたれると思います。 身体が硬い人のイメージ 身体が硬い=運動不足 身体が硬い=怪我をしやすい 身体が硬い=歳を取った では逆に身体が柔らかい人のイメージとはどのようなイメージでしょうか? 身体が柔らかい人のイメージ 身体が柔らかい=いつも運動をしている 身体が柔らかい=スポーツをしていてもあまり怪我をしない 身体が柔らかい=若々しい人だ さて、あなたなら人 ...

続きを読む

身体が硬い

2019/3/6

身体が硬いとなぜ悪い?

昔っから「自分は身体が硬い」って自慢する方がいますが、本当にそのままでよろしいのですか?身体が硬いことで良いことなんてなに一つも有りませんし何ら自慢することではありませんよ。 スポンサーリンク ストレッチの必要性 学生時代に立位体前屈ってやったのを覚えていますか?立位体前屈と言われもピンとこない方もいるかも知れませんが、立った状態で膝を曲げないで指先が床から何センチかと調べる方法です。 一般的に昔から立位体前屈などで身体の柔らかさのバロメーターとなる方法ですが、中にはこの立位体前屈がマイナス30センチとい ...

続きを読む

腿の後ろが硬い

身体が硬い

2019/6/3

骨盤が後傾することによりもも裏(下腿)の筋肉が硬くなる

前屈が苦手(出来ない)な人の大半は腿裏(ハムストリングス)や脹脛(ふくらはぎ)の筋委縮(筋肉が硬い)を起こしています。 ではなぜ腿裏(ハムストリングス)や脹脛の筋肉の柔軟性が損なわれるのでしょうか?   骨盤が後傾することにより腿裏や脹脛の筋肉が硬くなる 前屈が苦手な人の原因は骨盤が後傾しているからとお伝えしましたが骨盤が後傾すると身体にはどのような不具合が起きるのでしょうか? まず、前屈が苦手な方の原因の1つに腿裏(ハムストリングス)や脹脛(ふくらはぎ)の筋肉が硬くなり前屈が出来なくなるという ...

続きを読む

前屈が出来ない

身体が硬い

2019/6/3

前屈が出来ない(苦手)な人の特徴

身体の柔らかさ(柔軟性)を知るバロメーターによく用いられるのが、この前屈する動作ですが、この前屈がとても苦手(出来ない)人って意外に多いですよね。また、最近の子供もこの前屈が苦手だという子が急増しています。 それではなぜ前屈が苦手(出来ない)なのでしょうか?   前屈が苦手(出来ない)人の原因 以前ですと、前屈が苦手(出来ない)な人は脹脛(ふくらはぎ)や腿(もも)の後の筋肉の硬いからだとされていましたが、実は前屈が苦手(出来ない)な人の場合これ以外にも原因が隠されていました。 もちろん脹脛(ふく ...

続きを読む

お勧め記事(一部広告含む)

-身体が硬い
-,

Copyright© 身体の歪み原因とは , 2019 All Rights Reserved.