身体の歪みは様々な不調の原因となる

身体の歪み原因とは

身体が硬い

身体が硬いとなぜ悪い?

更新日:

昔っから「自分は身体が硬い」って自慢する方がいますが、本当にそのままでよろしいのですか?身体が硬いことで良いことなんてなに一つも有りませんし何ら自慢することではありませんよ。

スポンサーリンク

ストレッチの必要性

学生時代に立位体前屈ってやったのを覚えていますか?立位体前屈と言われもピンとこない方もいるかも知れませんが、立った状態で膝を曲げないで指先が床から何センチかと調べる方法です。

一般的に昔から立位体前屈などで身体の柔らかさのバロメーターとなる方法ですが、中にはこの立位体前屈がマイナス30センチという驚愕な数字を出す方もいます。

この、マイナス30センチという数字は膝より少し下までしか指先がいっていないことになりますが、はたから見ると「ふざけいているの」かと思うくらい少し硬すぎな様な気もしますが現実的に実存するのも事実です。

しかし、子供の頃は身体が硬くともそれなりに元気があり良かったのですが、これが大人になるにつれ段々と身体には色々な問題を引き起こします。

皆さんは身体に色々な不具合が起きてから一生懸命改善をしようとしますが、不具合が起きてから身体の不具合を改善するより日頃より問題が起きないような予防をすることが実はとても大事なのです。

それでは、それら色々な身体の問題とは一体どのようなものか次にお話していきたいと思います。

 

身体が硬いことで起きる問題とは

身体が硬い人は、筋肉や靭帯が硬いことや関節の稼働域の減少が見受けられますが、それらの症状のまま日常を送っているとやがて下記のような症状が現れやすくなります。

身体が硬いと起こる症状

  1. すぐに疲れやすい
  2. 姿勢が悪くなる
  3. 血行が悪くなる
  4. 慢性的な肩こりや腰痛になりやすい
  5. 太りやすい体質になる

身体が硬いことで上記の様な症状が現れやすくなりますが、現代の日本人の方の大半は日常的にこれら症状に悩まされている方が多いのではないでしょうか?

それでは、一つづつ詳しく説明させていただきます。

身体が硬いとすぐに疲れやすくなる

身体が硬いことで日常生活では、普通の方と比べるとより多くのエネルギーを消費することとなり直ぐに疲れやすくなります。

例えば、会社の同僚や仲の良い友達などと一緒に歩いていても同僚や友達は平気な顔で歩いているのに対し、身体が硬いご自身はもぅ息が上がっているなどの経験有りませんか?

これは、元々の体力の違いがあるかも知れません、身体が硬いことで股関節周りの稼働域が狭まり普通の方より歩く際に余計にエネルギーを消費している証拠です。

これらの疲れやすいという状況は色々な場面で顕著に表れ、普段から人より疲れやすいという方は、ストレッチなどを行い身体を柔らかくする努力をされた方が良いです。

身体が硬いと姿勢が悪くなる

身体が硬いと姿勢にも大きく影響を与えます。身体が硬いということは筋肉も硬くなり筋肉自体が萎縮し伸びない状態となります。

例えば、姿勢に大きく関係している骨盤周りの筋肉の柔軟性が無くなると骨盤は過前湾もしくは後傾し、筋肉に引っ張られる状態となる為「猫背」や「反り腰」といった姿勢になります。

また、肩関節周りの関節の稼働域が狭い方は大胸筋(胸の筋肉)が萎縮しやすく肩が前方に引き寄せられ、これも「猫背」という姿勢になってしまいます。

この様に身体が硬いことで常に悪い姿勢で日常生活をおくる日々となってしまいます。

身体が硬いと血行が悪くなる

身体が硬いということは筋肉も萎縮しやすくなりがちです。筋肉が萎縮すると手や足の末端の血液は心臓へ戻りずらくなり自然と血行が悪くなります。

血管には動脈と静脈がございますが、動脈は心臓がポンプの役割をしているので血液を体中に送ることが出来ますが、身体の末端にいった血液は今度は静脈を使い心臓まで血液を運びますが、身体の末端にはポンプの役割をする心臓がないので筋肉が一生懸命動いて静脈内の血液を心臓まで運びます。

しかし筋肉が硬く上手く動くことが出来ない方は血行が悪くなります。血行がわるくなると手先や足先の冷えとなって身体に悪影響を与えます。

身体が硬いと慢性的な肩こりや腰痛になりやすい

先ほど身体が硬いと姿勢が悪くなったり血行が悪くなるとお話致しましたが、これら不良姿勢や血行不良で日常を送っているとやがて慢性的な肩こりや腰痛といった症状が現れます。

例えば、猫背の状態では重たい頭が身体の中心より前方に突き出た状態です。

頭の重さは自分の体重の8%と言われており女性であれば4~5kg、男性であれば6~8kgでそれら重たい物を支える為に肩の筋肉(僧帽筋)に負担がかかり肩こりなどを引き起こします。

身体が硬いと太りやすい体質になる

太りやすい

身体が硬いと血行不良になりやすいとお話いたしましたが、血行不良になることで冷え性などの症状が現れやすくなりますが、仮に体温が1度下がると基礎代謝は12%低下すると言われております。

基礎代謝が12%も落ちてしまうと、それだけで普段使うエネルギーの消費量が低下し太りやすくなります。

また、身体が硬いことにより普段の動きがスムーズで無くなるので、自然と行動範囲が狭まり動かなくなるので尚更太りやすくなります。

ですから普段からストレッチなどを行い身体が硬くならないように努力をしましょうね

 

色々なストレッチ

歪みに効果的なストレッチ

ストレッチ

2019/6/3

身体の歪みに効果的なストレッチ一覧

様々なストレッチ   ストレッチには色々な種類が有りますが、ここでご紹介しているのは身体の歪みに効果的なストレッチを集めてみました。   首周辺のストレッチ スマホなどの普及やデスクワークの増大により普段から下を向いての作業が増えたことにより首周辺の筋肉は常に負担を強いられるようになりました。 そこで少しでも首への負担を減らすべく首周辺のストレッチを行うようにしましょう   肩周辺のストレッチ 日常生活の中で最近では肩周辺を動かさない行動が多くなりましたが、それにより肩こりや不良姿勢の ...

続きを読む

ストレッチ 便利グッズ

2019/6/3

筋トレおすすめグッズ!自宅でトレーニングを快適に!

身体の歪みは解消したいが、全て人任せにしていてはいつまで経っても身体の歪みは解消できません。 身体の歪みは普段の生活習慣が大いに関係しており、普段から身体を動かす習慣が少ない人ほど身体は歪みます。 そこで、少しでもご自宅などで身体が歪ま無いためにも効率よくトレーニングをすることが大事です。 ご自宅であれば自多重(道具を使わないで自分の体重のみで行う)である程度までのトレーニングは出来ますが、トレーニング初心者の方にとってはどのようなトレーニングをして良いのか分からないかと思います。 そこで、少しでもご自宅 ...

続きを読む

ストレッチ

2019/6/3

ストレッチといってもたくさんの種類があるのをご存知でしたか

普段行っているストレッチにも色々な種類のストレッチ名称があるのをご存知ですか? またストレッチの種類もよっては運動前に行うもの、運動後に行うものなど様々です。しっかりと目的に合ったストレッチを行いましょう。 ストレッチってこんなに素晴らしい スポーツをする時は怪我をしない様に各関節を伸ばしたり、お風呂場ではおじいちゃんが腰に手をやり腰をグルグル、または最近では見かける事が少なくなったが、夏休みの朝は子供たちが公園に集まり朝のラジオ体操など身近には大変多くの方がストレッチを行っています。 それだけストレッチ ...

続きを読む

コアストレッチ

2019/3/27

コアストレッチのメリットとその方法とは

皆さんがストレッチと聞くと前屈や開脚などを思い浮かべるかと思いますが、ここではそれら部位のストレッチではなく体幹(コア)のストレッチについてのお話をしていきたいと思います。 またあまりコアストレッチという言葉自体あまり聞きなれない言葉かも知れませんが、体幹(コア)をしっかりと動かせれるようになると他の部位もスムーズに動かせれるようになるので是非体幹(コア)ストレッチをするようにしてください。 また体幹(コア)の柔軟性が低下することでその他の部位を動かす動作にも支障をきたす場合もございます。 自分の体を思い ...

続きを読む

コアストレッチ

2019/3/3

コアストレッチで「深層部」の筋肉や関節を動かそう

色々なストレッチを試してみたがあまり身体に変化が無いというかストレッチをしていても伸ばされている実感がないという方が意外と多いです。 ストレッチを開始し1週間程度では身体に変化は現れにくいですが、1カ月程度ストレッチをすると身体に変化は多少なりとも現われてきます。 しかし、1カ月ほど継続しても身体に変化が現われない無い方はやり方などが間違っている可能性があるのでポイントなどを再度確認することをおすすめします。 スポンサーリンク ストレッチしてても効果が実感出来ない人 コアストレッチのお話をする前にストレッ ...

続きを読む

ストレッチ

2019/6/3

ストレッチはポイントを押さえて行わないとあまり効果が無い

ストレッチを行う時に必ず疑問に思うことが数点あるかと思います。 「どれくらいの時間伸ばしたら良いのか」や「いつ行えばより効果的なのか」などそれらの疑問に対してストレッチの基本原則をお話したいと思うます。   ストレッチの基本原則をしっかり知っておこう ストレッチをより効果的に行えるように、ストレッチの基本をしっかりと覚えておきましょう。 ストレッチを行う際に重要となってくるのが以下の4点となってきます。   ストレッチで伸ばす時間は?また伸ばす際の強さは? ストレッチを行う際に各部位を ...

続きを読む

ストレッチ

2019/6/3

脊柱起立筋(下部)のストレッチの方法

脊柱起立筋の下部のストレッチです。 脊柱起立筋下部は普段あまり動かさない部位で疲れが溜まり易く、疲れのピークを越えてしまうと腰痛になりやすい部位です。   脊柱起立筋(下部)のストレッチ 床に座り、両足を左右に大きく開き膝を90度位に曲げます。顔は前を向き両手は股の間に置きます。   肘を床に付けていき身体(特に背中辺り)を丸める様にへそを覗きこ見ます。背中から腰にかけて伸ばされている感じがしたらOKです この時、顎を引くようにすると背中がさらに伸ばされる感じがします。 ※すいません・ ...

続きを読む

ストレッチ

2019/6/3

脊柱起立筋(中部)のストレッチ方法

脊柱起立筋は身体の中では非常に大きな筋肉です。上部・中部・下部としっかりとストレッチをするようにしましょう。   脊柱起立筋の中部をストレッチする方法 床の上で仰向けになり、両膝を揃えて抱え込みます。 すいません・・・モデルさんが硬い為、上手く表現出来ていませんがご了承ください(笑)   抱え込んだ両膝を両手で額に付けるように引き寄せていきます。 首の後と背中を丸めながら上体を起こします。腰の辺りが伸ばされている感じがしたらOKです。 腰が伸ばされている感じが有れば無理に膝と額をつけな ...

続きを読む

ストレッチ

2019/6/3

脊柱起立筋(広範囲)をストレッチする方法

脊柱起立筋は姿勢維持には欠かせないとても重要な筋肉ですが、背中と言う事もありあまり目に届きにくくケアを怠りやすい筋肉です。 だからこそ脊柱起立筋をしっかりケアをすることで普段の姿勢やスタイルは大幅に変化させてくれます。   簡単だが効果抜群!!猫のポーズで背中をストレッチ 両手と両膝を床について四つん這いになります。両手の位置はちょうど肩幅程度に開き、両膝は股関節の真下に来るようにします。   両手と両膝で床を押すようにし、お腹を凹ませていき背中を丸めてましょう。 この時しっかりと背中 ...

続きを読む

 

お勧め記事(一部広告含む)

-身体が硬い

Copyright© 身体の歪み原因とは , 2019 All Rights Reserved.